※現在モーニング岩盤は1030円(税込)で、モーニングサービス等は終了いたしました。2月4日からスタートする

モーニング岩盤のご案内は

下記の赤文字をクリックして下さいね




http://blog-imgs-38.fc2.com/s/a/r/saraase/Book1.htm
2010_0106クリスマスの後0002


昨年のことになりますが、旅好きのお客様の松井さんから、

ネパールのお土産でいただいました。

2010年のカレンダーです。

ふっと何気なく眺めていると、この絵の中に引き込まれていくんですよ!!

ユーモラスで、不可解で、なんで人間がこの目なの?

象のほうがまともに目を描いている?

名も無き作者ですが、国境を越えてこうして楽しませてもらっている、

見知らぬ描き手に感謝!


このカレンダーは休憩室にあります。

岩盤浴の休憩のとき、しばし、ぼーっと眺めてみて下さい。


※※現在、みきとも先生の出張サービスはいたしておりません



第2回目のヘルストーク&骨こつエクササイズ教室も

とってもよかったですよ!

お陰様で満員御礼でした。

先生の指導している姿、皆さんの姿、ブログに載せたかったのですが、

せっかく、リラックスして肩の力を抜いていい状態で受けているところを

邪魔しては悪いと思い、断念。

岩盤浴の休憩室が飯田先生の臨時診療所になります。

そのところの様子を今日はブログの載せようとしていたのですが、

きょうも、教室始まる前もあともご予約で空く時間がなかったので

撮れませんでした。(次回は載せますね)

静かで、丁寧で、誠実な、飯田先生の人柄に今日も、ファンが増えましたね

行列ができる診療所になるかも?


ご参加してくださった皆さん、そして飯田先生お疲れ様でした。



カレンダー


とっても人間力のある友人から今年も標語カレンダーを頂きました。

昨年も休憩室に飾らせていただき、

この言葉から随分はっと気がつかされたものです。

今年のこのカレンダーは更衣室にゆく前扉に飾りますね。

そして、このブログでも、今日の”道しるべ”として、

時々、ご紹介いたしますね。

今年は、画像で、言葉の文字を追ってみて下さいね。

※※現在、みきとも先生の出張サービスはいたしておりません


この画像と先生のことを載せたところ、先生の施術に関する問い合わせが

多くなりましたので、今日はそのことについて、お伝えしますね。


飯田先生の施術は骨こつエクササイズ教室が始まる前と教室が終わった後に

できます。

アメリカの最新式の検査機器で 遠赤外線を用いて、背骨を挟んだ両側の皮膚温度を高精度で計測します。

左右の皮膚温度に差がある箇所は、背骨のズレによる“神経機能”の異常が疑われ、

画像に写し出されます

この検査だけなら30分も掛からずにできます。

こうして画像に写し出され自分の身体と対峙することは

自分の身体の悲鳴を聞き出すことが出来たような感覚です。

画像を見て先生が説明してくださることも、

身体の悲鳴を代弁してくれているように聞こえます。

この検査料は3000円です。

そして、先生の施術は3500円です。




kubotaの背骨

先生はカイロプロテクターとして大きな夢をもっています。

飯田先生からメッセージが寄せられました。

「毎日を生き生きと、健康に過ごしていくためには、
さまざまな体の不調の根本的な原因である、
背骨や骨盤のズレによる神経の圧迫を見つけ出し、正常にしてやらなければなりません。
そんな夢のある仕事をするのがカイロプラクティックです。

一人でも多くの方と、“本物のカイロプラクティック”を共有したいと願っています。背骨は健康の源。本物のカイロプラクティックは、身体の多くの症状の原因となっている、背骨や骨盤のズレによる神経の圧迫を的確に見つけ、最小限の力でパワフルにアジャスト(矯正)します。私はこの最小限の力の中に、大きな夢を描いています。」


先生、これからも、よろしくおねがいいたします。


そうそう、ヘルストーク&骨こつエクササイズ教室と先生による施術は

毎月2回、

第1日曜日と第3木曜日です。

今週の日曜日はご予約一杯になりましたので、

2月7日の日曜日と2月18日の木曜日にご予約承ります
始まりました!!

ヘルストーク&骨こつエクササイズの教室が!!

飯田先生、さらあせ教室デビューです。

先生がこの仕事を選んだきっかけとなった経緯を、自己紹介兼ねて

皆様にお話してから、今日のテーマの「背骨は健康の源」の話に移りました。


suta-to.jpg


先生のお話した内容をブログにも載せたいから、とお願いすると、

メールで話した内容を送って下さいました。


背骨は健康の源』というのは古代ヒポクラテスの時代から言われてきた事実です。
“背骨が大切”と分かってはいても、なぜ?どうしたらいいの?というのが当たり前でした。

背骨の2つの役割
?体の支柱としての役割
?脳から出ている中枢神経(神経の束)の通り道で、神経を守る役割。

脳から出ている中枢神経は、背骨に守られながら、
背骨の各部位から枝分かれして、全身の60兆にもなる細胞へ行き届いています。

体中に張り巡らされた神経がネットワークとなり、
体のすべての筋肉を動かし、
五感で得た情報を脳に送ったり、
すべての内臓の働きも神経がコントロールしています。

背骨と神経は構造的に密接に関係しているので、日常生活の中で起こる
背骨のわずかなズレにより、神経が圧迫を受けてしまいます。
その結果として、単に腰痛や頭痛、手足の痛みやしびれといった
分かりやすい症状だけでなく、体の中にある“治る力”又は“自然治癒力”が低下します。
そして、慢性的な内臓疾患やアトピーなどの根本的な原因となりえるのです。


文章にすると硬くなりますが、

皆さんには、背骨の模型を使ってより分かり易くお話してくださいました。


そして、身体が温まってウォーミングアップすると、

脱力系の骨こつエクササイズです。

優雅に、しなやかに、との先生の注文。

野球のイチロー選手のイチローストレッチや

お相撲さんのしこを踏むポーズ。

このしこを踏むポーズが一番体幹を鍛えるそうです。

あっという間に30分が過ぎました。

1つ1つのポーズを優雅にゆっくり動くからだと思いました。


教室終了後は皆さん先生にいろいろと質問していました。

あれ?まだ岩盤浴から、先生も皆さんもなかなか出でこないな?

見に行くと、まだまだ、いろいろ先生に教えてほしいことがあるみたいで、

岩盤浴の中はまるで学校の教室みたい!!



ご参加して下った皆様の感想をお聞きすると

全員が非常に喜んで下さり、こちらもうれしかったです。

ご参加してくださった皆様、そして、飯田先生お疲れ様でした。
※※現在、みきとも先生の出張サービスはいたしておりません



1月21日からの新しい教室にむけて、昨日の午後からはみきともカイロの飯田先生と教室内容を
煮詰めていきました。

加圧のトレーナーをしている方と、大学の講師をしている方の2人のさらあせのお客様に
参加していただいて、それそれの職業の立場からアドバイスしていただきました。

15分間は人体図や背骨の模型を使って"背骨は健康の源”というテーマに沿って
話進めてゆき、その後、30分は体操に入りました。
身体の緊張を緩め、ほぐし、脱力してゆく、
"脱力系エクササイズ”
なんて、気持ちがいいんでしょう?

この教室はきっと皆様に喜ばれる!!そう確信しました!!


先生

(教室が一通り終了したあと、みんなのアドバイスを丁寧に書き込む飯田先生)

人体図

(骨盤ってどこ? こんな初歩的な質問にも丁寧に教えてくれます)


kubotaの背骨

この教室に参加するもう1つのメリットとして、教室が始まる前後の時間を
利用して飯田先生の検査と施術を受けることができます。
私も検査と施術をしていただきました。

この写真は私の画像です。オレンジ色の部分が神経の流れを圧迫
している箇所です

パソコンでつないだ検査機器は
「タイトロンC?5000」という、アメリカの最新式の検査機器で、
遠赤外線を用いて、背骨を挟んだ両側の皮膚温度を高精度で計測します。
左右の皮膚温度に差がある箇所は、背骨のズレによる“神経機能”の異常が
画像を通して的確に分かります。
この検査のあとにガンステッド・テクニック
といって、先生の手が繊細に優しく矯正(アジャスト)して、神経の流れを
回復させてゆきます。

神経の流れが整うと身体の内側にある治る力(自然治癒力)を取り戻し
自らの力によって治癒へと向かってゆきます



先生の機械

最新先端機器を駆使して、更なる専門技術も、人格も磨いてゆく飯田先生と
さらあせの皆様とのご縁を結んでゆければうれしいです。
※みきとも先生の教室は終了いたしました




寒い日が続きますね。

今日は近々スタートする教室

ヘルストーク&骨こつエクササイズを看板作り

お金をかけずに工夫して・・

明日の朝には道行く人や車から目立ってくれるでしょうか?

この教室のネーミングはみきとも先生とさらあせの共同考案

先生もさらあせも、皆様の健康な毎日に少しでもお役に立てますように、

思いを同じにして新しいこの試みに臨みます。

どうぞ、皆様の家族の方や、身近な方で、腰痛持ち、頭痛持ち、生理痛、

更年期障害、アレルギー、などでお悩みの方がいらしゃいましたら、

この教室があることを教えてあげて下さいね。

悩みも、つらさも、みんなで共有しあって行きましょう。

この教室に関する情報はこのブログの右側のカテゴリーの中の

"ヘルストーク&骨こつエクササイズ”をクリックしてくださいね


エクササイズ

WHAT'S NEW?