※終了いたしました


ヘルストーク&骨こつエクササイズ教室は

月に2回、第一日曜日と第三木曜日の11:00から開催しています。

エクササイズに入る前に飯田先生のヘルストークがあり、そのトークが

参加者から好評なんです。

いいとも先生(飯田先生)はとにかく良く勉強しています。

300冊くらいの健康に関する本は読破していますし,日々のお仕事を通して

先生のいろいろな視点から洞察してお話を毎回展開して下さっています。

文章にすると長いですが、読むとあっという間で、

大事なことがこの文章にすべて要約されています。

下記の内容が3月の教室でお話下った内容です。





「すべてに通じる健康の秘訣、“インサイドアウト”?内から外へ?という考え方」


今月のキーワードは“インサイドアウト”と“未来の医療”です。

インサイドアウトは“内から外へ”ということです。何がインサイドアウトかといいますと、

私たちの健康になる力の流れです。健康は体の内側からきます。



逆にインサイドアウトの反対はアウトサイドインです。アウトサイドインは外から内へ。

この典型的な例が、現代医学で主な手段となっている薬や手術です。

現代医学では、痛みがあれば痛み止め、ある部分に異変があれば手術で摘出するなど、

体の外側からのアプローチが中心です。しかし、薬はもれなく副作用があります。

薬は症状を麻痺させるだけで、免疫力を低下させる薬も少なくありません。

手術に関しても、不必要な手術がいっぱいあります。

例えば、扁桃腺や盲腸は必要ないと最近まで言われてきました。

そして、扁桃腺や盲腸を切り取る手術が頻繁に行われてきました。

しかし、最近の研究で、扁桃腺や盲腸は体の免疫に大切な役割があることが分かってきました。





未来の医療、健康法は、インサイドアウトです。

人間関係を改善しようとしたら、相手ではなく、まず自分自身が変わらなければいけません。

私たちの健康もそうです。体の内側を整えることが大事なのです。



季節の野菜が中心の食事は栄養価が高いだけでなく、

体の内側である腸の環境を整えてくれます。腸は血液を作る働きがあり、

腸がきれいであれば全身を流れる血液もきれいに保つことができます。





カイロプラクティックのケアで体の根幹である背骨と神経の働きを整えることも

、体の内側の働きを高めます。それにより、体の生命力の流れを正常に正すことで、

人間が本来持っている治癒力を引き出しています。






自然の一部である人間の体は、本来、完璧にできています。

それを欠陥があるかのように扱ってきたのが、今までの医学でした。

もちろん、緊急時など薬や手術などが本当に必要な場合もあります。しかし、

どんな症状に対しても、何かが足りていないからと薬で補おうとしたり、

何かが壊れたからと手術で取り除こうとしたりすることは、自然の摂理に反しています。



未来の医療、健康づくりは“インサイドアウト”です。

20世紀はモノがあふれ、モノをたくさん持つことが欲求を満たすことでした。

医療や健康づくりははその延長上で、体の外からモノを入れることが中心でした。

そして、その考えは既に限界に来ています。



21世紀は人間がもともと持っているもの(治癒力)を最大限活用することで、

健康になっていく時代です。







※この現在、この教室はいたしておりません。
コミュニケーション岩盤親子教室
    (ママはヨガ友キッズコース)


私たちの取り巻く環境は、大人も子供たちにとっても、豊かで便利な暮らしになりましたが 、

それと同時に、足腰を動かさずに済むようになり、

筋力ははるかに昔の人から比べたら低下しています。

筋力の低下が低体温と繋がり、「低体温」の子供たちが増えたのは

、なんでも便利になった現代生活の代償なのかもしれませんね。

 天照石岩盤浴で親子のコミュニケーションしながらヨガをしませんか?

インストラクターの先生の指導のもと楽しみながら教室を進めてゆきます。

手と手をつなぐ時にはお子さんの生命のエネルギーを受けとめて

ぎゅと握りしめてください。子供たちは、たくさんのお母さんの愛情を感じることでしょう。

お子さんがヨガのポーズが出来たら思い切り褒めてあげてください。

この喜びがこれからの、つらいこと、難しいことを乗り越えたときの

大きな原動力になることでしょう。

体質改善、呼吸法(口呼吸から鼻呼吸へ)、発育過程の正しい姿勢づくり、

脳の活性化、・・・たくさんのいい効果はありますが、何よりも、大切なのは、

親子でたのしい時間を共有することです。

親子でいっぱいの汗を流すことはなかなかありませんよね?



こんな願いをこめてこの教室を開きたいと思います。

昨日は教室のシュミレーションをしました。

協力してくれたのは4人の天使達。
2010_03201.jpg

たいちくん。ちぃちゃん。ひなちゃん。はなちゃん。

2010_03202.jpg
インストラクターのちほ先生とひなちゃん。

2010_03203.jpg
ママもいいストレッチになること間違いなし!!  




みんな初めてなのに、こんなにポーズがすんなり決まっちゃう・・


とっても楽しく出来ました。

さてさて、この教室の詳しい内容は、また来週お知らせしますね!!

お楽しみに!!

モデルになってくれてみんなありがとうね!!


みんな可愛かったよ!かっこよかったよ!!

子供の笑顔は最高ですね!!
今週はブログを更新する暇もなくあっという間に1週間が過ぎてしまいました。

このところ、パソコンを開くと、楽しみが増えました。

ヘルストーク&エクササイズ教室の飯田先生のブログです。

健康についていろいろな角度からしゃべっていて、それが、意表をつく内容なんです!

目が点。鳩が豆鉄砲食らったみたいに。

ちょっと、みんなも読んでみて!!!

下記が先生のブログ。



健康というのは、誰にとっても人生の大事なテーマではないでしょうか。

僕も健康に関する本は、今までに300冊を超える程読んできました。

時には情報源によって、正反対のことを主張していることもあるので、

自分の体でいろいろと試してきました。結局、自分自身が心地よいと感じながら、

長く続けられることが大事だと思います。



今日、患者さんと話していて、自分で話しながら「なるほど」と思ったことがありました。



ある人は健康のためにと、玄米菜食の少食を続けながら、無事を保っています。

またある人は、健康のことは二の次で、友達とワイワイやりながら肉だろうが、

ジャンクフードだろうが好きなものを食べて元気にやっています。

さて、どちらの人が健康でしょうか?



一概には言えませんよね。2つの例は少し極端ではありますが、

個人的には後者が好きです。足腰を鍛えようと思ったら、よく歩かなければいけません。

同様に、内臓を強くしたいのに、消化のいいものばかり食べていては強くなれません。



時には不摂生をすることで、体は強くなっていくのではないでしょうか。

たまには、浴びるほど酒を飲んだり、座っていられないほど暴食をするのも、

健康を保つのに必要なのかもしれません。そして何よりも、

健康に悪いことって楽しいですもんね!

このワクワク感が心の栄養になると思います。



笑えません?この”健康に悪いことって楽しいですもんね!”・・に。

私は大声で笑ってしまいました。

こんなことを書ける先生ってすばらしい!!!

ますます好きになってしまいました

いいとも先生のブログはこのページからリンクできますよ!!

右のリンクから訪問してみて!!
※現在みきとも先生の出張サービスはいたしておりません。


3月第一の日曜日は11:00から

飯田先生による「ヘルストーク&骨こつエクササイズ」教室です。



3月のテーマは

「すべてに通じる健康の秘訣、
“インサイドアウト”?内から外へ?という考え方」

人間関係を改善しようとしたら、相手ではなく、まず自分が変わらなければいけません。
同様に、健康な体を手に入れようとしたら、体の内側から変わらなければいけません。

現代社会では、痛みがあれば痛み止め、ある部分に異変があれば手術で摘出するなど、
体の外側からのアプローチが中心です。

体の内側に目を向け、内側に働きかけて外側(健康状態)を高めようという
“インサイドアウト”の健康観を、具体例を交えながら紹介します。

先生は明日も朝から検査・施術・検査・そして教室・施術・検査

検査・施術と大忙しです。

先生のブログに、先生が幸せに施術している様子がありました。

下記をクリックしてみて。

http://ameblo.jp/mikitomochiro/

検査と施術はいっぱいですが、教室、空席ありますよ!!

詳しいことは、右のカテゴリーのなかの

ヘルストーク&骨こつエクササイズをクリックして下さいね。

でも、直接電話して下さってもOK!

       ご予約・お問い合わせは

       0120?928?184

WHAT'S NEW?